髪が薄い原因〜産後〜


髪が薄い・・・。
髪が薄いと悩んでいる女性も多く、女性用の育毛商品なども多く販売されるようになりましたよね。
女性の中で髪が薄い事で悩んでいる方は、およそ600万人いらっしゃるようです。
10人に1人の割合で髪が薄い事と悩んでいる方がいるという事です。
女性の中の10人に1人ですよ。
このように例えてみると、髪が薄い事で悩んでいる方が多いという事が分かりますよね。

また、女性の中で出産後に抜け毛が多く薄毛が心配という声も耳にします。
妊娠をされた方の約半数の方が、産後の抜け毛に悩み薄毛を心配されているようです。
産後に抜け毛が多くなる理由は、女性ホルモンが増える事が原因と言われていています。
出産をした後、ほとんどの方が2ヵ月から半年くらいで髪が薄い?薄くなった?と感じてしまう方が多いようですよ。
ですが、これは一時的なもの。
授乳が終われば、半年くらいで自然に薄毛の心配は無くなってくる事でしょう。
ただ、高齢出産の場合は元に戻らなかったり育児ストレスが溜まってしまう事で元に戻らない可能性もあるようです。

髪は女性の命とも言われています。
ヘアケアのためにノンシリコンシャンプーなどでケアをされている方も多く、女性にとって髪はとても大切なものですよね。
ヘアケアはもちろん、髪が薄いと悩んでいるのであればまずは原因を追及し薄毛を改善していきましょう。

髪が薄い原因〜睡眠不足〜


髪が薄い原因として考えられるのが、睡眠不足です。
睡眠不足と薄い髪にはどのような影響があるのか?をお話ししましょう。

睡眠不足になると、体がだるく頭も朦朧としてしまいますよね。
逆に睡眠をたっぷりと取れた朝は、目覚めも良く体も元気でしょう。
睡眠がたっぷりと取れた翌日は、頭も目覚めているので体も頭も元気でしょう。
これは、体だけでは無く髪も同じように睡眠不足の時と睡眠をたっぷりと取った時には違いがあるのです。

私達は、睡眠を取る事で体の疲れを取る事が出来ます。
ですが、この睡眠をしっかりと取らないと体の疲れを取る事が出来ません。
これは、髪にも同じ事が言えるのです。

私達の体は、睡眠を取る事で臓器の免疫力を高める事が出来ます。
そうする事で、体力が回復する事が出来るのです。
ですが、睡眠不足となってしまうと先ほど話した臓器の抵抗力を高める事が出来ません。
そのため、免疫力を高める事も出来ませんから体そのものの機能も低下してしまっているのです。
体力や免疫力が低下している中で、あなたの体の中では機能を保つために優先順位が決められて栄養素が送られる事になります。
ここで髪は、体の臓器と比べてそれほど重要度が高くないとあなたの体が判断をしてしまうのです。
優先順位を考えて、必要な所から回復していくのですが髪は後回しとなってしまい髪や頭皮への栄養素が届かずとうとう髪が薄いという事に繋がるのです。
髪や健康のためにも、睡眠不足とならないように気をつけてくださいね。

髪が薄い原因とシャンプー


毎日行っているシャンプー。
このシャンプーの仕方を間違っていませんか?

毎日のシャンプーを正しい方法で行う事で、頭皮を健康に保つ事が出来ます。
髪が薄いその原因は、シャンプーの仕方が間違っているのかもしれません。
男性も女性も育毛や髪の健康にためにも、正しいシャンプーの仕方で洗いましょう。

◆正しいシャンプーの仕方

1)まずは、ブラッシング。
洗う前の乾いている髪に軽くブラッシングをしましょう。
このブラッシングをすることで、頭皮が刺激を受け汚れが浮き出てきます。
また、髪のもつれなどもほぐす事が出来るでしょう。

2)髪をお湯で濡らす
髪と頭皮をお湯で濡らし汗やホコリなどを落とします。
水分を含む事でシャンプーの泡立ちも良くなります。
このお湯で濡らす事で、7割くらいの汚れを落とす事が出来ます。

3)シャンプーをつける
手のひらでシャンプーを泡立てて頭皮をマッサージするような感覚でシャンプーをしましょう。
決して爪を立てずに指のはらで頭皮を洗います。
ゴシゴシ洗いをせずにやさしく頭皮を傷つけないように洗いましょう。

4)すすぎを十分にする
お湯で、シャンプーが残らないように十分にすすぎましょう。
すすぎには十分な時間をかけて洗い流し、仕上げにリンスやコンディショナー、又はトリートメントなどで髪を保護する事を忘れずに!

健康な髪の方であれば、リンスだけで十分なのですがダメージヘアの方はコンディショナーやトリートメントを使用すると髪の保湿が出来き良いでしょう。

ダイエットに注意!


髪が薄いとついつい気になってしまいますよね。
男性だけでは無く、女性も薄毛を心配している方も多く今では性別や年齢に関係なく髪が薄い事で悩みを抱えている方が増えているようですよ。

女性の中にダイエットをされている方が多いですよね。
ダイエットをするとなると、タンパク質や脂質などの摂取するのを防ごうとする方が多いです。
これが、太る原因となってしまいますからね。

ですが、このタンパク質は髪に大事な栄養素の一つです。
タンパク質は、不足をしてしまうとヘアサイクルが乱れてしまいます。
このヘアサイクルが乱れると、休止期が増えてしまいます。
これでは、薄毛を進行させてしまいますよね。

さらに、脂質も減ってしまうと頭皮が乾燥気味となってしまいます。
この乾燥も薄毛を進行させてしまうので注意をして下さいね。

どうしてもダイエットをしていると、栄養バランスが崩れがちです。
この栄養バランスが崩れてしまうと、健康だけではなく髪にも悪影響を及ぼしてしまいます。
ダイエットで、髪が薄くなってしまった場合ダイエットを止めてもすぐに薄い髪を元に戻す事が出来ません。
毛根が弱ってしまったのを、再び健康な状態へと戻すのはとても大変な事なのです。
食事を一食抜かし一日二食にしたり、ある一定の食べ物ばかりを食べたり、主食を食べない…などなどいろいろなダイエット方法がありますよね。
栄養面を考えると、どれも問題点が多いダイエット法です。
ダイエットをされている方、今からダイエットを考えている方は栄養面を考える事が大事なのですよ。

血液の流れを良くしよう


前回は、薄毛の原因であるストレスについてご紹介をしました。
あなたは、ストレス発散が出来ていますか?

髪の悩みを抱え過ぎてしまうと、これもストレスになってしまいます。
このストレスが原因で髪に悪影響を及ぼしてしまう可能性もあるんですよ。

私の友人は、仕事や家庭などのストレスが多くとうとう円形脱毛症を発症させてしまったようです。
円形脱毛症は、以前にも発症させた事があり仕事を辞めて治ったのですがまた再発してしまったそうです。
新しい職場に来て1年くらい経つのですが、またストレスから円形脱毛症を発症させてしまったそうです・・・。
友人は、”手足は脱毛器などで無駄毛処理をしているのに、抜けてほしくない所(頭)の毛が抜ける。これもストレスになる”と話していましたね。
最近では、趣味として舞踊を習う事でストレス発散をする事に決めたそうです。

この友人の仕事は、一日中デスクワークの仕事についています。
書類の入力が仕事なので、肩こりになりやすくこの肩こりも髪が薄い原因の一つとなっているみたいですよ。
肩こりは、血液の流れが悪い事で起きてしまいますからね。

長時間同じ姿勢でいると、筋肉がずっと緊張をした状態のままだそうです。
そして、血液の流れが悪くなり肩こりとなってしまい薄毛にも繋がってしまうようですよ。
仕事上、パソコンをずっと使用されている方も多いかと思いますが正しい姿勢で机に向かい休憩する事も忘れないでくださいね。
目の疲れから”コリ”、そして薄毛へと繋がってしまいますよ。

髪が薄い原因〜ストレス〜


髪が薄いと悩んでいる方も多いでしょう。
その他にもいろいろな髪の悩みを抱えている方も多いですよね。
白髪が多く、利尻ヘアカラートリートメントなどで白髪染めをしている方もいるでしょうね。
その他には、髪がパサパサになったり髪のダメージが気になりますよね。
この髪のダメージが酷く、切れ毛や枝毛などが気になっている方も多いでしょうね。
白髪やダメージヘアなどの髪の悩みがストレスとなり、髪が薄い原因となってしまう方も中にはいるかもしれません。

また髪だけではなく,人間関係などの悩みごとでストレスが原因となり髪が薄くなっている方もいるかもしれません。
ストレスを抱えてしまうと、髪が薄い原因へと繋がってしまいます。
私達人はストレスが無い生活を送る事は出来ませんよね。
ストレスの大きさはそれぞれであり、何らかのストレスをみなさん抱えているかと思います。
まずは、このストレスを解消をする事からは始めましょう。
ストレスを解消するには、自分なりの方法でストレス発散をすると良いですよ。

あなたは運動が好きですか?
例えば、運動が好きな方であれば、ストレス発散の方法としてお勧めなのが運動です。
運動をする事で、体中の血行を良くする事が出来きます。
血行が良くなると、頭皮も血行も良くなり栄養が送られるので髪にはとても良い事です。
運動が苦手な方であれば、自分の好きな趣味を楽しむ事も良いですよ。
髪が薄いと感じている方は、まずはストレス発散をしましょう!

髪が薄い人向けのヘアスタイル


髪が薄いのを根本的に改善するのもよいですが、そうすぐに効果が現れませんよね。
今スグなんとかしたいとおもっているのだけど、どうしようもないですよね。

そんな時に髪の薄い人を薄く見えなくするヘアスタイルを紹介します。
髪が薄くなると、どうしてもその部分を大事にしたくなります。薄い髪をなんとか守ろうと昔言われたバーコードヘアになっていると、余計に薄いのが目立ってしまいます。
ヘタに長く伸ばすより、たとえばトップが薄い場合には他の部分だけ長くしないでトップに合わせた分量を基本にしましょう。
もしトップの髪が薄いため他をその部分に合わせるということが出来ない場合には、少し後ろに重心を持たせてみるのがよいそうです。

次に多い髪の薄い髪型ですが、俗にいうM字ではないでしょうか。
この場合、前髪でカバーしようと思ってしまいがちですが、中央だけ残っていて他が薄いと逆に目立ってしまいます。
この場合も全体的に短くしたほうが自然に見えます。
前髪でカバーするのでなく、サイドを自然に繋がるようにカットしたほうが薄いのが目立たなくなります。

そしてどうしても髪が薄いのを目立たなく出来ないところまでいってしまっている場合は、いっそスキンヘッドという手もあります。
ヘタに残っている薄い髪を大事にしたくなりますが、ファッション的にかっこよく見えますよ。
なかなか勇気がいることですが、一度してみると似合っているかもしれませんよ。

女性の髪が薄い


髪が薄いと気になるのは男性だけでなく、女性も多くいます。
女性が髪が薄いと思い始めるのは、髪のワケ目から地肌が透けて目立つようになってきたときではないでしょうか?

女性が髪が薄くなる原因というのは、ホルモンバランスの崩れが原因となっています。
ホルモンバランスのほかにストレスや、生活週間によるものと色々あるのですが、男性の髪が薄いという原因には男性ホルモンが大きくかかわっているからといいますが、女性は女性ホルモンの働きで髪が薄くなりにくいといわれていたのですが、女性特有の薄毛の症状があるのです。

男性は生え際や頭の上の方から薄くなっていく人がおおいのですが、女性の場合、全体的に髪が薄くなる症状の方が多くなっています。これらをびまん性脱毛症というのですが、壮年期の女性が多く発症しています。
ただ、今は髪にパーマやカラーリングなどをする人が増えてきているため、若い人でも髪の薄い人が増えてきているようです。

だけど、女性の髪の薄いのは男性の髪の薄いというのより改善しやすいといわれています。
髪の薄い原因は生活スタイルも影響しているといわれていますが、女性この薄い髪のほうが食生活の改善、十分な睡眠を取るといったことでそれだけリスクが減るといわれています。

髪が薄い・・・・


髪が薄いというのを気になってきた・・・という人にこのサイトでは髪が薄いのをどう改善できるかを紹介していきたいと思います。

髪が薄いというのは、周りが気にしなくても本人にとってはとても気になることです。
だけどもう薄くなってしまった髪はもう取り戻せないと思っているのではないでしょうか。特に若い時に髪が薄いとなると、より気になるものです。

髪が薄いというのは、よく遺伝だといわれますね。
自分の両親や祖父母の髪が薄いと自分も将来あのようになるのかも知れないと心配になるものです。

髪が薄い代表的な症状に、男性型脱毛症というのがあります。
これは頭頂部や生え際の髪が薄くなっていくパターンで、男性の髪が薄いと悩んでいる人の大半を占めている脱毛症の一つです。
遺伝で髪が薄いというのは、これになります。
この症状の原因はいまだに解明されていないので、男性ホルモンの働きによって薄毛の症状が進んでいくとされています。

このため遺伝によって髪が薄くなるというのは、半分正解であり半分不正解でもあります。そういった体質になりやすいというのは確かにあるのですが、一概に必ずなるとは言えないのです。
髪が薄くなる原因は遺伝以外にも多く原因があります。

自分の家系が薄いからといって、必ず髪が薄いということになるのものではありません。
ここでどうして髪が薄いのか、薄くなる原因、それの対処法について紹介していきたいと思います。